遊んでいる不動産は早急に売却しよう!

使用していない不動産があれば早めに売却をしましょう。 - 遊んでいる不動産の査定の方法について

遊んでいる不動産の査定の方法について

遊んでいる不動産があればまずは不動産売却(査定)を受けたほうがいいでしょう。

そのための査定の方法についてここでは見ていきましょう。

査定の方法は三つ

査定の方法は大きく分けると三つの方法が主流です。取引事例比較法、収益還元法、原価法、この三つとなります。これらの三つの方法で不動産は査定を行うこととなります。取引事例比較法は、市場全体の動き、取引の次期などを考慮して金額を決めます。対象不動産の査定価格をこれらを元にして出します。不動産の査定といえばこの方法が一番一般的な方法といってもいいかもしれません。

収益還元法について

収益還元法、これは対象となる不動産がこれから先に生み出すと考えられる純利益と今の価値を総合的に考慮した上で査定価値を出すという方法になります。投資不動産の査定の値段の算出で一番多く使われている方法です。個人の査定と言うよりは投資をする物件の査定で頻繁に使われていると言えるでしょう。

原価法について

原価法、これは対象の不動産がもし仮にもう一度建築したらどれくらい費用がかかるのか、その原価を出してから建築年数によって下がった価値を原価修正した上で今の価値を考えるという方法です。縦も、一戸建てを査定する際にはこの方法で査定をすることが多いと言えるでしょう。このように三つの方法が主な査定の方法ですが、これらは不動産会社が行う査定の方法です。個人的に調べたい場合は一括査定サイトなどを利用するといいでしょう。

不動産の査定額を出す方法は主にこれらの三つの方法で算出されています。個人的に調べたい人はインターネットの一括査定サイトを利用しても計算可能ですから試してみてもいいでしょう。

  ≪ 前の記事: を読む  

アーカイブ