遊んでいる不動産は早急に売却しよう!

使用していない不動産があれば早めに売却をしましょう。 - 不動産売却時に必要な費用について

不動産売却時に必要な費用について

もし遊んでいる不動産があり不動産売却(査定)を検討しているのなら費用についても知っておいたほうがいいでしょう。

無料で売却をすることができるわけではなく、費用がかかってきます。

必要な費用は三種類

ひとつめは不動産を仲介してもらうなら仲介業者に支払う仲介手数料が必要です。そして融資を受ける人の場合には金融機関への支払いに関して、一括繰り上げ返済に手数料が必要ですので、その手数料も意外と大金ですので用意が必要です。最後に税金です。

手数料について

仲介手数料は不動産売却や賃貸のときに不動産仲介業者に依頼した場合支払うお金です。仲介手数料は成功報酬なので、万が一売れなかった場合は必要ありません。例えばですが、1000万円の不動産を仲介してもらった場合には、3パーセントと6万円が必要ということになりますので、36万円を仲介手数料として取られる計算になります。

一括繰り上げ返済手数料について

一括繰り上げ返済手数料についてですが、これは不動産にローンが残っている場合になります。金融機関により様々ですが、何千円のところもあれば数万円支払うことになるケースもあります。高くても5万円前後とは言われていますが、それぞれの金融機関によって違いがあります。

税金について

売却時の税金は売買契約書に貼付為の印紙、そして抵当権設定されている場合には抵当権抹消登記に必要な免許税が必要です。売却利益が出たならば不動産譲渡所得税を支払うことになります。

不動産売却では費用が必要になってきますので、ある程度どのくらいかかるのか理解しておいたほうがいいでしょう。売却をしたあとで費用がかかることを知らなかったと慌てることがないようにしましょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

アーカイブ