遊んでいる不動産は早急に売却しよう!

使用していない不動産があれば早めに売却をしましょう。 - 遊んでいる不動産は早急に売却しよう!

遊んでいる不動産は早急に売却しよう!

strts
不動産を持っている人で今使用していない、遊んでいる不動産がある人はすぐにでも不動産売却(査定)の準備を始めたほうがいいでしょう。

そのままにしておくのはもったいないのです。

不動産は生ものと同じ

不相談は生ものと同じです。時間が経てば経つほどに価値が下がってしまうのです。生ものも鮮度がいいうちはそのまま食べることができるのですが、鮮度が落ちてしまえばそのまま食べることができなくなります。火を通して食べることができればまだいいですが全く食べることができなくなることだってあるのです。不動産はですから食べ物の生ものと同じと言えるでしょう。

遊んでいる不動産があるのなら

もし遊んでいて今使用していない不動産を所有しているのであれば、すぐにでも売却をしないとどんどん価値は下がっていきますので、遅くなればなるほど安くなることは間違いありません。不動産売却を検討するならば、売却方法を検討する必要があります。売却方法は二つ大きく分けるとあります。ひとつめの方法ですが不動産会社に仲介をしてもらう方法です。この方法が一番オーソドックスで普通の方法と言えるかもしれません。仲介によって不動産を売る流れを知ることが大事ですが、不動産会社が仲介してくれればあとはまっているだけで買い手を探してきてくれます。

買取によって売却

二つ目の方法は買取をしてもらうという方法です。先ほどの売却と似ている気がしますがこれは全く違ってます。買取をする場合と不動産会社が仲介をする場合は違うのです。不動産会社による買取は一切広告を出すことなく、売りに出されることなく不動産会社が買取をしてそのまま業者が直接買い取ることを意味しています。

どちらの方法が売却をする上でいいの?

どちらの方法がいいのでしょうか。不動産を売却する上ですぐに売却しなければいけないというのであれば、買取をしてもらったほうがスムーズです。仲介をしてもらう場合は買取をしてくれる人が見つかるまで広告活動をするなどして相手を探す必要があります。しかし直接買取の方はそのまますぐに買取をしてもらうことになりますので便利なのです。

買取をしてもらうメリット

買取をしてもらうメリットは短期間で不動産の売却が可能であることです。そして他人に知られることなく売却可能ですし、すぐに金額もわかりますので資金計画を立てやすいメリットがあります。また、仲介手数料がかかりませんのでお得です。

買取のデメリットについて

メリットがあれば必ずデメリットもありますが、デメリットはなんなのでしょうか。デメリット、それは仲介によって売却するよりも、必ず売却の金額が下がることがデメリットです。なぜ下がるのか、その理由は業者が物件を買った場合はその物件を後日リフォームしたりクリーニングして販売することが多いのでお金がかかります。そのことを考慮して安く購入しているのです。そして買取の場合は市場の相場の6割前後と言われているので、もし広告を出して1800万円の値段をつけている物件があったとしましょう。そこで買い手が見つかれば1800万円で手放すことになりますが、買い手が付かないので不動産会社に買取をしてもらうことになった場合、1800万円の6割ですので、1080万円にしかならないのです。このように値が下がるデメリットがあります。

遊んでいる土地や不動産があるなら、少しでも早く手放したほうが高く売ることができますが、どのような方法で売却をするのか考えることが重要です。
不動産を売る人向けの一括見積りサイト|不動産売却査定君

  ≪ 前の記事: を読む  

更新情報

アーカイブ